ここから本文です

ジーナ・ガーション

生年月日
1962年6月10日
出身地
アメリカ/カリフォルニア州ロサンジェルス

略歴

演技を学ぶためにNYに渡り劇作家デヴィッド・マメットに師事。86年「プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角」で映画デビュー。88年「カクテル」や「シュワルツェネッガー/レッドブル」でその抜群のプロポーションが注目されるようになるが、しばらく伸び悩む。しかし95年の「ショーガール」で主人公にトップの座を奪われるストリップ・ダンサーを演じて強い印象を残す。その後96年の「バウンド」で主役を好演して個性派女優として認知されるように。「フェイス/オフ」でも出番は少なかったものの重要な役柄を演じていた。チャーム・ポイントはアヒルのような口元。高校の同級生には、レニー・クラヴィッツがいるとか。

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ