ここから本文です

ホアキン・フェニックス

生年月日
1974年10月28日
出身地
プエルトリコ

略歴

本名はJoaquin Raphael Phoenix。リヴァー・フェニックスの弟(他の姉妹、レイン、リバティ、サマーも俳優に)。両親が宗教団体の活動家だったため各地を転々とする。兄の影響を受け、自らも演劇の世界へ。86年「スペースキャンプ」で映画デビュー(当時はリーフ・フェニックスを名乗る)。子役として活躍するが、その後活動を休止。93年の兄の死を経て(その時彼が救急車を呼んでいる)、95年、「誘う女」で現在の“ホアキン”として復帰。00年の「グラディエーター」ではラッセル・クロウの敵役を演じ再び注目を受ける。以降は、アメリカ軍内部の腐敗を描いた問題作「戦争のはじめかた」やM・ナイト・シャマラン監督の「サイン」「ヴィレッジ」、あるいはジョン・トラヴォルタと共演した「炎のメモリアル」など話題作、ヒット作に次々と出演、着実にキャリアを重ねていく。そして05年、カントリーミュージック界のレジェンド、ジョニー・キャッシュの伝記映画「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」に主演、劇中の歌も全て自らこなすなど伝説のミュージシャンの波乱に満ちた人生を鮮やかに演じきり、各方面から絶賛され数々の映画賞に輝くなど、実力派俳優として確固たる評価を獲得した。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
カンヌ国際映画祭 第70回(2017年)
ヴェネチア国際映画祭 第69回(2012年)
LA批評家協会賞 第38回(2012年)
ゴールデン・グローブ 第63回(2005年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ