ここから本文です

クリストフ・ヴァルツ

生年月日
1956年10月4日
出身地
オーストリア/ウィーン

略歴

オーストリアのマックス・ラインハルト・セミナー及びニューヨークのリー・ストラスバーグ・シアター・インスティテュートで演技を学び、1977年、TV「Der Einstand」で俳優デビュー。82年にはスイス・チューリッヒで初舞台を踏み、「トルスタンとイゾルデ」で映画デビューを果たす。主にヨーローパ圏でTVを中心に活躍し、数々の賞に輝くなど一定の評価を得ていく。2009年、本格ハリウッド・デビューとなったクエンティン・タランティーノ監督作「イングロリアス・バスターズ」では狡猾で残忍なナチス将校を怪演、大絶賛され、カンヌ国際映画祭男優賞の受賞を皮切りに各映画賞を軒並み制覇し、アカデミー賞助演男優賞もみごと獲得した。そして、再びタランティーノ監督と組んだ「ジャンゴ 繋がれざる者」(12)で2度目のオスカー助演男優賞に輝く。数ヶ国語に堪能。現在は家族と共にロンドン在住。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
アカデミー賞 第85回(2012年)
ゴールデン・グローブ 第70回(2012年)
アカデミー賞 第82回(2009年)
カンヌ国際映画祭 第62回(2009年)
NY批評家協会賞 第75回(2009年)
LA批評家協会賞 第35回(2009年)
ゴールデン・グローブ 第67回(2009年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ