ここから本文です

ヴィクター・フレミング

生年月日
1889年2月23日
出身地
アメリカ/カリフォルニア州

略歴

レーサーから転身して映画界に入り、カメラマンとしてアラン・ドワン監督などの作品を撮影。第一次世界大戦中は情報部写真班に属していた。19年に「暗雲晴れて」で監督デビューを果たし、毎年平均三作ほどを監督。32年にMGMに移籍し、クラーク・ゲーブルやスペンサー・トレーシーなどの主演作を手がけた。49年の「風と共に去りぬ」でアカデミー監督賞を受賞。この作品は、もともとジョージ・キューカー監督で進んでいたが、プロデューサーのデヴィッド・O・セルズニックに解任され、後をフレミングが引き継ぐ形になった。また、シドニー・フランクリン、サム・ウッド、ウィリアム・A・ウェルマンなども同作品の演出を手伝っている。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
アカデミー賞 第12回(1939年)
ヴェネチア国際映画祭 第6回(1938年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ