ここから本文です

ギャスパー・ウリエル

生年月日
1984年11月25日
出身地
フランス/ブローニュ=ビランクール

略歴

1984年、パリ近郊のブローニュ=ビランクールに生まれる。父はスタイリスト、一方の母もファッションショーのプロデューサとして活躍。12歳の頃からテレビを中心に俳優としての経験を積む。高校卒業後はパリのサン・ドニ大学で映画学科を専攻し、本格的なスクリーン・デビューは01年の「ジェヴォーダンの獣」。この時は小さな役に過ぎなかったが、それが名匠アンドレ・テシネ監督の目に留まり、彼が手がけた戦争ドラマ「かげろう」でヒロイン、エマニュエル・ベアールの相手役に大抜擢される。この作品で鮮烈な印象を残したウリエルは、一躍フランス期待の新星として大きな注目を集めるようになる。続いて世界的大ヒット作「アメリ」の監督・主演コンビが手がけた話題作「ロング・エンゲージメント」で準主役に起用され、作品のヒットと共にウリエルの知名度も世界的なものとなる。そして07年、トマス・ハリス原作“ハンニバル”シリーズ最新作として大きな注目を集めたサスペンス大作「ハンニバル・ライジング」に主演、それまで名優アンソニー・ホプキンスが演じてきたレクター博士の青年時代という大役を見事に演じきり、映画の都ハリウッドにもその大きな第一歩を記すことに成功する。今後のさらなる活躍が期待されるフランスの若手アクターである。左頬には6歳の時にドーベルマンに襲われて出来たキズが今も残っている。

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここまでです このページの先頭へ