ここから本文です

レニー・ハーリン

生年月日
1959年3月15日
出身地
フィンランド

略歴

本名はRenny Lauri Mauritz Harjola。13歳の時に映画監督を志し、ヘルシンキ大学に進学して映画の勉強をはじめる。在学中よりドキュメンタリー、CM、産業映画などを作り、21歳でテレビ番組を演出するようになる。24歳で劇場用映画の製作を決意、チャック・ノリスの息子マイクを主人公に「レッド・プリズン」を85年に完成させた。が、ソ連に幽閉された若者の脱走を描くという内容だったため、フィンランドでは隣国ソ連との関係に気遣い、しばらく上映禁止とされた。しかし、この作品の演出手腕が買われてハリウッドへ招かれ、87年の「プリズン」、88年の「エルム街の悪夢4/ザ・ドリームマスター最後の反撃」などでキャリアを重ね、90年に「ダイ・ハード2」の監督に大抜擢。粗削りだがダイナミックなアクション描写が特徴で、「クリフハンガー」などヒット・メーカーとして注目を受けた。しかし以降、「カットスロート・アイランド」、「ロング・キス・グッドナイト」、「ディープ・ブルー」と一本調子な演出が飽きられ低迷期を迎えている。93年、ジーナ・デイヴィスと結婚したが4年後に離婚している。

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ