ここから本文です

アンジェイ・ワイダ

生年月日
1926年3月6日
出身地
ポーランド

略歴

第二次世界大戦中はレジスタンス活動に従事、戦後は絵画を学び(美術に関心を持ったきっかけは日本美術だったとか)つつ、国立映画大学演出科に入る。助監督を経て54年の「世代」で監督デビューを果たす。続く「地下水道」、「灰とダイヤモンド」とあわせて“抵抗三部作”と呼ばれ、反ナチズムを核に据えつつもスターリニズムによるポーランドの悲劇を暗示したものだった。以後は文学の映画化や虚空の世界を描くようになるが、81年の戒厳令で映画人協会会長の座を追われ、祖国での映画製作ができなくなり、フランスやドイツの協力で作品を撮りつつ、86年の「愛の記録」でポーランド映画界に復活した。一度目の結婚で二人の娘がいる。16年10月、病に伏していたが90歳でこの世を去った。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ベルリン国際映画祭 第59回(2009年)
  • アルフレード・バウアー賞

  • 菖蒲
ベルリン国際映画祭 第56回(2006年)
  • 金熊名誉賞
ヴェネチア国際映画祭 第55回(1998年)
  • 功労賞
カンヌ国際映画祭 第43回(1990年)
  • 特別表彰
カンヌ国際映画祭 第34回(1981年)
NY批評家協会賞 第47回(1981年)
  • 特別賞
カンヌ国際映画祭 第31回(1978年)
ヴェネチア国際映画祭 第20回(1959年)
カンヌ国際映画祭 第10回(1957年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ