ここから本文です

ジュールス・ダッシン

生年月日
1911年12月18日
出身地
アメリカ/コネティカット州ミドルタウン

略歴

本名はJulius Dassin。ヨーロッパで演劇を学んだ後、ニューヨークとして舞台俳優として活躍をはじめる。40年にRKO社に助監督として入社、アルフレッド・ヒッチコック監督などのもとで働いた。42年に長編デビューを果たし、47年の「真昼の暴動」と翌年の「裸の町」でドキュメンタリー・タッチの新しい手法が話題となる。50年に赤狩りが始まるとヨーロッパへ移り、「男の争い」、「日曜日はダメよ」、「トプカピ」などを発表した。66年に女優メリナ・メルクーリと結婚したが94年に死別。08年3月にアテネにて死亡。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
カンヌ国際映画祭 第10回(1957年)
  • 国際カトリック映画事務局賞

  • 宿命
カンヌ国際映画祭 第10回(1957年)
  • ベスト・セレクション

  • 宿命
カンヌ国際映画祭 第8回(1955年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ