ここから本文です

キャロル・リード

生年月日
1906年12月30日
出身地
イギリス/ロンドン

略歴

16歳から俳優として舞台に立ち、台詞監督として映画界へ入る。イギリスの大プロデューサーであるバジル・ディーンに認められ助監督に昇格、34年に“Midshipman Easy”で監督デビュー。第二次大戦中は陸軍の映画班に所属し、終戦後発表した「邪魔者は消せ」が高い評価を得る。その後、英国を代表する作家グレアム・グリーンの原作「落ちた偶像」と「第三の男」を映画化、ヒットを飛ばした。他に「空中ぶらんこ」、「オリバー!」、「フォロー・ミー」などがある。52年に映画監督として初めて“サー”の称号を受けた。ダイアナ・ウィンヤードと43年に結婚したが4年後に離婚。オリヴァー・リードは甥にあたる。76年に死亡。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
アカデミー賞 第41回(1968年)
ベルリン国際映画祭 第6回(1956年)
カンヌ国際映画祭 第3回(1949年)
NY批評家協会賞 第15回(1949年)
NY批評家協会賞 第11回(1945年)
  • 特別賞

  • THE TRUE GLORY
本文はここま>
でです このページの先頭へ