ここから本文です

ポール・トーマス・アンダーソン

生年月日
1970年6月26日
出身地
アメリカ/カリフォルニア州

略歴

初期短編「Cigarettes & Coffee」をブラッシュアップした「ハードエイト」で長編デビュー。そして処女作「The Dirk Diggler Story」を昇華させ、1970年代の米ポルノ業界の内幕を描いた「ブギーナイツ」がヒットしただけでなく、オスカー脚本賞にノミネートされるなど賞レースに躍り出たことから一躍注目される存在となった。トム・クルーズらを起用した「マグノリア」でベルリン国際映画祭金熊賞、「パンチドランク・ラブ」ではカンヌ国際映画祭監督賞を受賞し、まだ若く寡作ながら一定の評価を得ている。作風やそのアプローチにはロバート・アルトマンなど巨匠作品からの強い影響がみられ、長回しも多用する。かつては歌手のフィオナ・アップルと同棲していたが、現在は女優のマーヤ・ルドルフとの間に一女をもうけている。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
NY批評家協会賞 第83回(2017年)
ヴェネチア国際映画祭 第69回(2012年)
LA批評家協会賞 第38回(2012年)
ベルリン国際映画祭 第58回(2008年)
LA批評家協会賞 第33回(2007年)
カンヌ国際映画祭 第55回(2002年)
ベルリン国際映画祭 第50回(2000年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ