ここから本文です

ロバート・デ・ニーロ

生年月日
1943年8月17日
出身地
アメリカ/ニューヨーク州ニューヨーク市

略歴

イタリア系で画家の両親は2歳の時離婚。その後、母親に育てられ10歳の時から幾度か中断しているものの演技学校に通学。16歳でステラ・アドラーの下で演技を学ぶ。またアクターズ・スタジオにも通うようになり、やがてオフ・ブロードウェイなどで舞台を経験。映画はニューヨーク派のブライアン・デ・パルマに見出され「ロバート・デ・ニーロの ブルーマンハッタン/BLUE MANHATTAN Ⅱ・黄昏のニューヨーク」で主演。以降数本をデ・パルマとコンビを組む。無軌道な若者を演じた「ミーン・ストリート」で注目をされ、コッポラの「ゴッドファーザーPARTⅡ」で若き日のコルレオーネ役を演じアカデミー助演男優賞を受賞。そして「タクシードライバー」で当時の映画ファンに強烈な衝撃を与えた。この辺りから本格的に名前が知られるようになり、その後は現在まで「レイジング・ブル」でアカデミー主演男優賞受賞、他ノミネートは4回に各映画賞受賞と燦々たる評価を集めている。“ウソの演技が出来ない”と本人が語る如く、役に成りきるため「レイジング・ブル」では体重を30ポンドも増やしたり 、「アンタッチャブル」では頭髪を抜いたりと演技に対しかたくなに執着することでも有名で、その姿勢は“デ・ニーロ・アプローチ”なる言葉まで誕生させた。93年「ブロンクス物語/愛につつまれた街」では監督デビューも果たした。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ヴェネチア国際映画祭 第50回(1993年)
  • 金獅子賞・特別功労賞
ヴェネチア国際映画祭 第50回(1993年)
  • 経歴賞
NY批評家協会賞 第56回(1990年)
NY批評家協会賞 第56回(1990年)
アカデミー賞 第53回(1981年)
NY批評家協会賞 第46回(1980年)
LA批評家協会賞 第6回(1980年)
ゴールデン・グローブ 第38回(1980年)
NY批評家協会賞 第42回(1976年)
LA批評家協会賞 第2回(1976年)
アカデミー賞 第47回(1975年)
NY批評家協会賞 第39回(1973年)
  • 助演男優賞

  • バング・ザ・ドラム
本文はここま>
でです このページの先頭へ