ここから本文です

ジーン・ケリー

生年月日
1912年8月23日
出身地
アメリカ/ペンシルヴェニア州ピッツバーグ

略歴

戦後最大のミュージカル・スター。本名はEugene Curran Kelly。8歳の頃からダンス・レッスンを受け、カレッジではジャーナリズムを学ぶ。しかし大恐慌が元で学校を辞め、幾つかの仕事をしながら兄と共にタップ・ダンスのコンテストに出場などをしていた。やがてピッツバーグ大学で法律を学び卒業。家族でダンス・スクールを経営していたが37年にNYへ。そこでダンス教師を始めるが、翌年ブロードウェイのコーラス・ダンサーとしてデビュー。4年に渡って実力を発揮して42年、MGMに認められジュディ・ガーランドの相手役として“For Me and My Gal”で映画デビューする。本格的に活躍を始めたのは戦後だが、49年の「踊る大紐育」の頃から独自のミュージカルを色濃く反映させて「巴里のアメリカ人」、「雨に唄えば」で名実共に絶頂期を迎えた。その後「舞踏への招待」ではモダン・バレエの要素を持ち込み、ミュージカル映画を芸術の域まで高めるなど、その功績は大きい。ベッツィ・ブレアとは41年に結婚して一女をもうけたが57年に離婚。その後60年に振付助手だった女性と再婚して二児をもうけたが73年に死別。90年にパトリシア・ウォードと再婚した。96年にこの世を去った。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ゴールデン・グローブ 第38回(1980年)
  • セシル・B・デミル賞
ベルリン国際映画祭 第6回(1956年)
アカデミー賞 第24回(1951年)
  • 名誉賞
本文はここま>
でです このページの先頭へ