ここから本文です

デヴィッド・ボウイ

生年月日
1947年1月8日
出身地
イギリス/ロンドン

略歴

本名はDavid Robert Hayward-Jones。高校時代から音楽を始め、広告代理店に入社するが半年で退社。63年に“LIZA JANE”でデビューを飾る。(名義はディビー・ジョーンズ&キング・ビーズ)。その後、“モンキーズ”のデイビー・ジョーンズとの混同を避けるためにデヴィッド・ボウイと改名。パントマイムをロックに持ち込むなど、演劇性の高いパフォーマンスを展開。その後、グラムロックの追い風に乗って活躍し、72年発表の『ジギー・スターダスト』でスーパー・スターの地位を揺るぎないものとした。76年の「地球に落ちて来た男」で俳優としてデビュー。そのバイセクシャル的な風貌がたちまち話題となって作品もカルト作として高い評価を得た。日本映画「戦場のメリークリスマス」をはじめ、時々映画に関わりながら多種多様な独自の世界を作り上げている。04年のワールドツアー中に心臓の痛みを訴え緊急入院し、以降第一線からほぼ姿を消し、再起は・・・と憶測が飛んでいたが、66歳の誕生日だった13年1月8日、突如iTunes Storeにて新作を一斉配信して世界を驚かすなど、多大な影響を放ち続けた。が、16年1月の自身の誕生日に最新アルバムを発表したその2日後、ニューヨークで家族に見守られながら息を引き取った事が発表され、この約1年半はガンとの闘いだった事も報じられた。92年にイマンと再婚。最初の妻との間に生まれた息子、ダンカンはその後映画監督となった。

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ