ここから本文です

「未来から来た妹」は重要ではない? 男児ママをえぐった『未来のミライ』裏テーマ

ミランダ
ミランダ

2歳男児を育てながら働くワーママ編集者。『SATC』的女子映画から『スリーパーズ』などの骨太作まで広...

『未来のミライ』予告編

『バケモノの子』公開から3年、細田守監督の最新作『未来のミライ』。「未来から来た妹との不思議な冒険」が物語の主軸と思いきや、私の胸をえぐったのはまったく別のことでした。

冬のある日、4歳の主人公・くんちゃんのもとに新しい妹・ミライがやって来ます。両親の愛情を奪われ戸惑うばかりのくんちゃんのもとに、未来の妹らしき制服姿のミライちゃんが現れるというストーリー。
くんちゃんの悲喜こもごもは監督のご子息に妹ができたときの体験をもとにしているそうで、「既得権益」を手放すまいとジタバタする姿はリアルそのもの......我が家の2歳児の日常を思い出して、ホロリとするやら苦笑するやら。

(C)2018 スタジオ地図

でも、はっと気づくのです。4歳児でなくても兄弟姉妹がいなくても、大切な何かを強制的に奪われる経験は誰しもあるはず。過去、その経験に向き合ったときのしんどさ、自分の醜さが頭をかすめると、物語の見え方が変わってきます。作品資料の片隅にあった「4歳の話ではなく、愛をめぐる普遍的な話」という監督の一言にハラオチ。「未来から来た妹」はもはやどこかへ消え、「何かを奪われた人間が、どう現実を受け入れるか」が(手痛い経験が多い)私には大テーマに思えました。

(C)2018 スタジオ地図

経験に裏打ちされているだけあり、「育児・夫婦・家族」もふんだんに織り込まれている本作。リアリティーあふれすぎな子どもの姿&言動は育児中のパパママ共感必至で「育児あるあるファミリー映画」と見ることも(個人的にはフテ腐れて牛乳を飲むくんちゃんの表情にグッと来た)。もちろん、予告編で打ち出されている「妹とさまざまな時間軸を旅するファンタジー」も一つのテーマです。すべて「正しい」。でも......。

(C)2018 スタジオ地図

細田守×入道雲×山下達郎で夏ぴったり!だけれど、それだけじゃない。さわやかな作風に油断して、ひょいと顔を出した「自分的・裏テーマ」に予想以上にドッキリ。隣で観ていたおじさまはどう思ったんだろう? 思わず声をかけたくなりました。

ミランダ
ミランダ

2歳男児を育てながら働くワーママ編集者。『SATC』的女子映画から『スリーパーズ』などの骨太作まで広く浅く。最近気になるテーマは「家族・子ども」。

記事はここで終わりです。

新着記事一覧

ポプコニスト

あなたの映画ライフに特別なコラムを

最新記事

注目の映画まとめ