ここから本文です

今度は泣ける『ミッション:インポッシブル』最新作で落涙した理由

松子
松子

ミュージカル映画と性別問わずかっこいい人が出てる映画が好き。トム・クルーズは心の殿堂入り。最近の好き...

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』本編抜粋映像

ついに日本でも公開された『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』。トム・クルーズの骨折があり、一事はどうなることかと思いましたが、待望の封切りを迎えました。

かつて共演者に「CGでできるのに自分でやりたがる、どうかしている」と、からかわれたこともあるくらい、どんなアクションも自分でやってしまうトムですが、今作はこれまで以上に、どうかしています。

骨折のシーンなんて序の口。クリストファー・マッカリー監督が「テスト試写でアクションが多すぎるって言われたからカットした」と来日会見で発言していましたが「えっ、これでカットしたの?」と思うほど豪快なシーンが次から次へと押し寄せてきます。

それらをこなしているトム・クルーズ、本当にどうかしている......。

(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

しかし、このシリーズでアクションが最大の見どころなのは宇宙の真理であり、全世界が分かっていること。 わたしは、サイモン・ペッグ演じるベンジーとの関係性もそれと並ぶ大きな見どころであると、声を大にして言いたい。

写真:Yahoo!映画

ベンジーは、エージェントチームの中枢メンバーの1人でシリーズ3作目の『M:i:III』から参加。当初は現場に出ない内部職員としてチームに参加していましたが、4作目『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』では、イーサンと働きたいがためにテストをパスし、現場エージェントに転身。ここから2人の物語は始まりました。

シリーズ名物の変装マスクを被りたいのに却下され続けてしょんぼりしたり、イーサンとの距離感を縮めたいのにうまくできないベンジー。けれど、イーサンは何でもできると思っているので、笑顔でムチャぶりをする。ムチャだと思いながらも、期待に応えるイーサン。1人でミッションをこなそうとするイーサンに「友達だから一緒に行く!」と親友宣言をするベンジー。窮地に陥ったベンジーを必死で救いに行くイーサン......なんと尊いことか!

スターエージェントと一介のエージェントだった2人が互いを思いやり、支え合い、ともに脅威に立ち向かう関係に発展していくこの物語は、わたしの胸を打ち、作品の大きなチャームポイントとなっていったのです。

写真:Splashアフロ

そして今作、ベンジーはエージェントとしてさらなる進化を遂げており、わたしは再び胸を打たれました。ベンジーがますます活躍している! でも、ちょっとした失敗をやらかしちゃうところは健在。けれど、イーサンはそれを絶対に責めないし、うまくできたら褒める。そこはずっと変わらない。そしてベンジーも、憧れのイーサンに褒められて、頼りにされて得意気になるところは今も昔も同じ。こんなチームメイトシップがあっていいのだろうか? これを見守らないという選択肢はないが、心臓がいくつあっても持たない!

これに加え、第1作目からのメンバーである、ルーサーとの友情ストーリーもあるので、シリーズを20年間見守ってきてよかった、と涙でスクリーンが見えなくなりそうでした。愛する妻・ジュリアとも離れ、ひとりで頑張ってきたイーサン。ベンジー、ルーサー、イルサ......支えあえる大切な仲間が増えたね、ひとりじゃないね......と、胸がいっぱいに。濃密な147分でした。ちなみにジュリアとのことも、これまた涙でスクリーンが......。

今作はアクションも盛りだくさんですが、仲間の存在がこれまで以上に尊く感じる作品にもなっております。ぜひ涼しい劇場で、気温以上に熱い彼らの友情に心ときめかせてください!!

ミッション:インポッシブル/フォールアウト
Yahoo!映画作品詳細へ

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
8月3日(金)全国ロードショー
配給:東和ピクチャーズ
(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.


ミッション:インポッシブル シリーズ作品をチェック!

松子
松子

ミュージカル映画と性別問わずかっこいい人が出てる映画が好き。トム・クルーズは心の殿堂入り。最近の好きな人はジャック・ロウデンとゼンデイヤ。

記事はここで終わりです。

新着記事一覧

ポプコニスト

あなたの映画ライフに特別なコラムを

最新記事

注目の映画まとめ