ここから本文です

ワンオペ育児に疲れたママを救うのは、一体誰? 18kg増の美人女優が体現する「いい母」の呪縛

ミランダ
ミランダ

2歳男児を育てながら働くワーママ編集者。『SATC』的女子映画から『スリーパーズ』などの骨太作まで広...

『タリーと私の秘密の時間』 予告編

ハリウッドでも突出した美貌と抜群のスタイルを持ちながら、アカデミー賞受賞作『モンスター』で体重を激増させて眉毛を抜くなど、体当たりな役作りで知られるシャーリーズ・セロン。彼女が18kg体重を増やして挑んだのは、3人目の育児で壊れてしまった「人に頼れない」母・マーロ。東京でも公開1館のみ(8月22日現在)という規模でありながら、周囲のママ友たちの注目度が高かった『タリーと私の秘密の時間』です。

(C) 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

......妊婦姿の貫禄、すごい。本編ではTシャツを脱いでお腹をボロンと出すシーンがあるのですが、ぜい肉の付き方がリアルそのもの。ノーメークと思われる疲れきった表情に、美人女優の面影はありません。

物語前半は、個人的にツラい場面の連続でした。抱っこ→授乳→夜泣き→オムツ替え→抱っこ→授乳...の無限ループ、泥のような眠気、散らかった部屋、ボロボロの容姿...息子が小さかったころの色々を思い出して、暗い気持ちに。夫がまるで関与しないワンオペぶりも気になります。これを観て「育児ってタイヘン!」「ママは皆がんばってる」と思う人もいるでしょう。

(C) 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

でも、私の胸を突き刺したのはそこではなく、マーロがシッター・タリー(マッケンジー・デイヴィス)に吐き出した「デキるママは着飾ってカップケーキを焼くけど、私は着替えるだけで精一杯」という一言でした。赤ちゃんに振り回されてアレもコレもできない、雑誌やSNSのキラキラママはあんなに素敵に育児してるのに......と育休中の私が日々考えていたことと同じで、「子育てしながらこう思ってしまうのは、万国共通なんだ」と涙が出ました。子どものためにデキる母でいるべきだという「呪縛」は、復職などふとしたキッカケであっさり折り合いをつけられたりしますが、閉ざされた日常にいればいるほど強力です。

(C) 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

そしてその一言をふくめて、すべてを受け入れるタリー。達成感も終わりもない育児で大切なのは「誰かにがんばりを受け入れてもらえること」だと、改めて痛感しました。そしてそれは、きっと育児だけじゃない。

(C) 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

育児の記憶が鮮明な新米ママには、共感ポイント続出の作品。でもそれ以外でも、周囲で何かをがんばっている人がいるなら、その悩みに寄りそい、受け入れてあげたい。そんな気持ちになれる映画でした。 そして最後の「どんでん返し」まで、どうぞお見逃しなく!

『タリーと私の秘密の時間』
Yahoo!映画作品詳細へ

同監督とシャーリーズ・セロンが組んだ前作
映画『ヤング≒アダルト』無料配信中(9月5日まで)

映画『ヤング≒アダルト』
無料で視聴する
ミランダ
ミランダ

2歳男児を育てながら働くワーママ編集者。『SATC』的女子映画から『スリーパーズ』などの骨太作まで広く浅く。最近気になるテーマは「家族・子ども」。

記事はここで終わりです。

新着記事一覧

ポプコニスト

あなたの映画ライフに特別なコラムを

最新記事

注目の映画まとめ