ここから本文です

人肌恋しい秋の夜長に......ジャズ音楽×ブルーベリー×恋愛映画で恋の準備を!『マイ・ブルーベリー・ナイツ』

アカリ
アカリ

恋愛映画&人生映画が大好物。大学時代に観る専だと勘違いして入った映画研究会で、自主制作映画の女優をや...

失恋や片思いの味って、どんな味だと思いますか?
ほろ苦と言えば......コーヒー? ......ビール? ......ゴーヤ?
......いやいや! そこはブルーベリーなんです!

今回ご紹介するのは、
香港の名匠ウォン・カーウァイ監督が、2007年に製作した初英語作品、『マイ・ブルーベリー・ナイツ』。
その題名の通り、ブルーベリーが映画の重要なモチーフになっています。

いろいろなパイやケーキが並ぶ中、チーズケーキやアップルパイは毎日必ず完売。
でも、ブルーベリーパイは毎日売れ残るらしい。
いつまでたっても好きな人に選ばれない私みたいに......
果たしてなぜ?

写真:アフロ

主演は、グラミー賞受賞経験もある......というか、女優としてではなく歌手として有名なノラ・ジョーンズ(ちなみにアカリと同じ誕生日、3月30日生まれ)。

TheWeinsteinCompany/Photofest/ゲッティイメージズ

脇を固める俳優には、ジュード・ロウや、ナタリー・ポートマンといった有名どころが登場する。

映画は、ニューヨークに住むエリザベス(ノラ・ジョーンズ)が恋人にフラれるところから始まる。
エリザベスは元カレの家の向かいにあるカフェに通うようになり、カフェのオーナー、ジェレミー(ジュード・ロウ)に失恋を慰められる。
次第に2人は、いろいろなことを話し合う仲になる。

普通なら、というか私ならゼッタイに(!)、ここで話は終わりなはずだ。
だって、こんなにかっこよくて、セクシーなジュード・ロウが、これまたセクシーなイギリス英語でお相手してくれるなんて......!
さっさとジェレミー(というかむしろジュード・ロウ)に乗り換えて、終了! ハッピーエンドだ。

TheWeinsteinCompany/Photofest/ゲッティイメージズ

それでもエリザベスは、元カレのことが忘れられない。
彼女はニューヨークを後にし、メンフィス、それからラスベガスへと旅をする。
そしてそれぞれの土地で、自分と同じように愛や人間関係につまずく人々と出会う。

ラスベガスでギャンブル生活を続け、父との関係にちょっとした問題を抱えるレスリー(ナタリー・ポートマン)もその一人。

TheWeinsteinCompany/Photofest/ゲッティイメージズ

公開当時、この作品には賛否両論の声があった。

批判的なコメントとしては、ウォン・カーウァイ監督の初英語作品ということで、アメリカの描き方がおかしいとか、歌手出身のノラ・ジョーンズが女優としていかほどか、などというもの。
映画を観たら分かるが、少なくとも私はそれらの意見にも、確かに理由があると思った。

TheWeinsteinCompany/Photofest/ゲッティイメージズ

一方で、やはり、ウォン・カーウァイ監督ならではの、カラフルな、それでいて哀愁漂う色とりどりの描写の数々は本当に美しいとも思う。 映画のどのシーンを切り取っても、おしゃれなインスタ映え写真が撮れてしまう感じ。 これを2007年の時点でフィルムに収めていたなんて、やっぱりすごい。

TheWeinsteinCompany/Photofest/ゲッティイメージズ

あとは、ノラ・ジョーンズの音楽!
ジャズがベースにありつつも、カントリーやポップスの要素も感じる彼女独特の世界観に、ちょっとハスキーで心地よい優しい歌声。これがウォン・カーウァイ監督が切り取るカラフルな描写に、絶妙に合ってるんだな~。
この映画を観た後に、ノラ・ジョーンズのファンになる人も多いと思う。

......映画の話に戻ると、正直言うとこの作品、「長いなー。つまんないなー。」と感じる人も多いと思うんですよね。やっぱり。そうは言っても。

なので、この映画の楽しみ方としては、
1、人肌恋しい秋の日を選ぶ。
2、部屋をちょっと暗くして、ムーディーな感じにする。
3、ちょっと温めたブルーベリーパイに、甘~いバニラアイスクリームを乗せて......アイスが溶けてきたら、スタンバイ完了!(ここでリキュールを開けてもOK)
4、映画鑑賞中、つまらなくなったら、恋人からのメールやLINEでも見返しながら、あくまでもゆる~く観る。

これでいかがでしょうか?

ウォン・カーウァイ監督のアメリカの描き方が変だったとしても、ノラ・ジョーンズの演技がイマイチだったとしても、そしたら、他のところで楽しんじゃえばいいと思うんですよね。
もしかしたら、この作品自体が、みんなから好かれない「ブルーベリーパイ」なのかもしれないし。

バニラアイスクリームを添えるもよし。
アップルパイやチョコレートムースをつまみ食いするもよし。
もしくはブルーベリーが大好きな、ブルーベリー専の人に食べてもらうもよし。

TheWeinsteinCompany/Photofest/ゲッティイメージズ

秋って、クリスマスとかバレンタインとか、カップルイベントの多い冬に向けて恋人をゲットしたり、愛をはぐくんだりする準備期間だと思うんですよね。
ちょっとセンチメンタルな気分になって、ブルーベリーパイ片手に、しっとり恋の準備しちゃいましょう。

あなたが見逃している何かが見つかるかもしれませんよ。

『マイ・ブルーベリー・ナイツ』
Yahoo!映画 作品詳細ページへ
アカリ
アカリ

恋愛映画&人生映画が大好物。大学時代に観る専だと勘違いして入った映画研究会で、自主制作映画の女優をやらされた経験アリ。『Lolita(1997)』『SATC』大好き。

記事はここで終わりです。

新着記事一覧

ポプコニスト

あなたの映画ライフに特別なコラムを

最新記事

注目の映画まとめ