ここから本文です

ある日突然、最愛の子を失う地獄に直面した 母の行動は「狂気」なのか? それとも......

ミランダ
ミランダ

2歳男児を育てながら働くワーママ編集者。『SATC』的女子映画から『スリーパーズ』などの骨太作まで広...

『人魚の眠る家』 予告編2

発売からわずか1カ月で発行部数27万部を突破した東野圭吾の同名小説を実写化、第31回東京国際映画祭の新設部門「GALAスクリーニング」作品に選出された映画『人魚の眠る家』。

夫・播磨和昌(西島秀俊)と離婚間近の妻・薫子(篠原涼子)のもとに「娘・瑞穂がプールで溺れた」という知らせが入り、愛するわが子が脳死状態に陥ってしまうところから、物語は始まります。

(C) 2018「人魚の眠る家」 製作委員会

まず、この冒頭からぞっとする私。娘をプールへ連れて行ったのは薫子の母(松坂慶子)。私自身、実母と義母に助けてもらいながら育児をしているので、「おばあちゃんに子を預ける、どこかへ連れて行ってもらう」ことは日常茶飯事。もしも、こんな悲劇が起きたら......。

折りしも私が本作を試写会で観たのは、あるニュースが日本を騒がせていた2018年の夏。それは、山口県で祖父と一緒にいた2歳児が行方不明になったのち発見された、あのニュース。「祖父母に子を預ける怖さ」についてパパママがSNSでさかんに意見を交わしていたときで、ひとごとではない感がありました。

重い責任を感じ「私がかわりに死ねばよかった!」と泣き崩れる松坂慶子の熱演が胸に迫ります。薫子の立場で考えれば、絶対に母を責められない。でもかけがえのない娘は意識不明で「回復の見込みはないが生かすか、死を受け入れるか」という究極の選択下にある。私がもしこの状況に陥ったらどうするか? 誰かを責めるのか? 気持ちのやり場はどこ?

(C) 2018「人魚の眠る家」 製作委員会

娘を生かす決断をしたあと、夫の提案で最先端科学技術で娘の身体を動かす研究に没頭していく薫子。最初は無邪気に喜んでいたものの、狂気をはらんだ行動に出るようになる妻を見て、「これで良かったのか?」と苦悩する夫。薫子を演じる篠原涼子の目が、時に「がらんどう」でおそろしい。でも、私も同じ状況に置かれたらきっと......と思えるほどのリアリティーでした。まるで何かが憑依(ひょうい)しているかのよう。

その後もますます狂っていく播磨家。瑞穂の弟・生人(斎藤汰鷹)をも巻き込み、瞳孔開きまくりの薫子とともに終幕へと突き進みます。このクライマックスシーンの緊迫感に震かん。篠原涼子をはじめとする演者たちの「この場面に賭けている」気迫がスクリーンからビシバシ伝わり、まるで舞台のような息遣いを感じました。そして、ピンとこなかったキャッチコピー「娘を殺したのは、私でしょうか。」の意味にハラオチ。薫子が選んだ決断には賛否あると思いますが、個人的には納得。ただ、最後まで「『私』ならどうしたか」に答えを出すことはできませんでした。薫子の一連の行動は、私の目から見て「暴走」「凶器」と言い切れるものではなかったからです。

(C) 2018「人魚の眠る家」 製作委員会

大切な人が「生きて」いて健康で、自らの意思で動いて笑うことは当たり前ではない......そんな残酷な真実をこれでもかと突きつけられながらも、観たあとは平穏に慣れてゆるんだ頭が鮮明になったような気持ちに。以前、熟慮せずに記入した臓器意思表示に改めて向き合おうと思えました。子どもでなくても、大切な人が1人でもいるなら、きっと心を揺さぶられるはず。

『人魚の眠る家』
Yahoo!映画 作品詳細ページへ

『人魚の眠る家』出演、西島秀俊の過去作がGYAO!で無料配信中

『東南角部屋二階の女』配信期間:2018年12月9日まで
野上(西島秀俊)は会社を辞め、亡き父の借金を祖父(高橋昌也)の土地を売った金で支払うつもりでいた。その土地には、居酒屋のおかみである藤子(香川京子)が...

映画『東南角部屋二階の女』無料で視聴する

映画『CUT』配信期間:2018年11月27日まで
売れない映画監督・秀二(西島秀俊)の作品が映画館で上映されることはなかったが、彼は映画への情熱を持ち続けていた。そんな折、兄が借金のトラブルで...

映画『CUT』無料で視聴する

スマートフォンからご覧いただく場合、GYAO!アプリへ遷移します。

ミランダ
ミランダ

2歳男児を育てながら働くワーママ編集者。『SATC』的女子映画から『スリーパーズ』などの骨太作まで広く浅く。最近気になるテーマは「家族・子ども」。

記事はここで終わりです。

新着記事一覧

ポプコニスト

あなたの映画ライフに特別なコラムを

最新記事

注目の映画まとめ