ここから本文です

頑張っているあなたに、頑張っている人を支えているあなたに ぜひ観てほしい映画『Girl/ガール』

アカリ
アカリ

恋愛映画&人生映画が大好物。大学時代に観る専だと勘違いして入った映画研究会で、自主制作映画の女優をや...

『Girl/ガール』 予告編

頑張って頑張って頑張りすぎている人に、何と声をかけるのが正解だろうか。
「頑張ってるね! すごいね! 」
「そんなに頑張らなくていいよ......。」
「困ったことがあったら、いつでも言ってね!」
......たぶんどれも、正解ではない。なぜなら頑張っている本人の心には、周りの言葉はたぶん届いていないから。

世の中に「頑張ってどうにかなる事」と「どうにもならない事」の2種類があるとしても、頑張ってどうにかしようとする人にとっては、「頑張ってどうにかする事」の1種類しか、ない。

本作『Girl/ガール』の主人公ララは、バレリーナを夢見る15歳の少女。
バレエを始めたのが遅かったというハンディキャップをカバーするため、難関バレエ学校での厳しいレッスンに、文字通り血のにじむような努力を積み重ねて喰らいついていく。
そして彼女が生きるのは、男性の体の中。
ホルモン治療やカウンセリングを受けつつ、徐々に女性の体を手に入れようと努力する。 けれど、ララの心と体は、やがて静かに悲鳴を上げ始める......。

(C) Menuet 2018

本作品は、なんと言っても主演のヴィクトール・ポルスターの「性別を超越した美しさ」が話題だ。

(C) Menuet 2018

私も最初ポスターを見た時、主人公を演じているのが男性だとは全く気づかなかった。劇中でいろいろな服や髪形をしても、その全てがことごとくかわいい!
ちなみにヴィクトール・ポルスターは、アントワープ・ロイヤル・バレエ・スクールに通う現役のトップダンサーなので、バレエのシーンも本当に美しく芸術的。

しかし、映画で描かれる外見や映像が美しければ美しいほど、主人公ララの内面の陰影がより深く複雑に印象付けられる。

(C) Menuet 2018

頑張るララの周りには、彼女を愛する人、彼女を支える人がたくさん登場する。
その中でも一番の理解者であり協力者なのが、ララの父親だ。
シングルファーザーで2人の子供をワンオペで育てながら、ララの治療やバレエ学校への入学を全力で応援してくれる。
思春期の親子の微妙な関係というのがこの映画のひとつの大きなテーマにもなっていて、劇中を通して丁寧に関係性を描いていく。

(C) Menuet 2018

この作品は、映画の話題性にもなっているトランスジェンダー・思春期・父子家庭といった、結構ピンポイントな少女の話を描いているのだけれど、なぜか私たちの心に深く突き刺さって、ズキズキといろいろなことを問いかけてくる。

夢に向かって頑張るとはどういうことか。
家族とは何か。
自分が思う自分とは何か。

......もしかしたらこういう普遍的で大きすぎる問いは、深く考え過ぎない方が毎日の生活はうまく進んでいくのかもしれない。
だから大人になった私たちは、「それは思春期特有の悩み」と名前をつけて、自分たちとはもう関係のなくなった問題として遠ざけているのかもしれない。

でもあなたの大切な人が、大きな、深い問題に悩んでいたら、どうするだろうか。
ララはどうしたか。
ララの父親はどうしたか。
ぜひ『Girl/ガール』を観て、この大きな問題にあなたもどっぷりつかってみてください。

(C) Menuet 2018

この映画を観た後に、あなたは誰に対して優しくなれるだろうか。

映画『Girl/ガール』作品詳細はこちら
Yahoo!映画

この記事を書いたポプコニストが過去紹介した映画記事

夏の記憶が鮮明な今だからこそ観たい『きみの鳥はうたえる』

映画『きみの鳥はうたえる』
GYAO!ストアへ

のっぺり生きたい人は観ちゃダメ!魂を揺さぶられるカンヌグランプリ受賞フランス映画『BPM ビート・パー・ミニット』

映画『BPM ビート・パー・ミニット』(R15+)
GYAO!ストアへ
アカリ
アカリ

恋愛映画&人生映画が大好物。大学時代に観る専だと勘違いして入った映画研究会で、自主制作映画の女優をやらされた経験アリ。『Lolita(1997)』『SATC』大好き。

記事はここで終わりです。

新着記事一覧