IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ここから本文です

【PR】将来の夢、故郷や家族への思い...。深い余韻とともに心に刻まれる青春映画の傑作

斉藤博昭
斉藤博昭

映画専門のフリージャーナリスト、フリーライター。ダンサー経験もあるのでミュージカルにはうるさく、幼い...

Netflix映画『The Hand of God』独占配信中。

「ナポリを見てから死ね」
イタリアの諺(ことわざ)にあるように、ナポリ湾一帯の美しさは、世界中の観光地の中でも屈指である。本作のオープニングで、カメラがそのナポリ湾の上空を俯瞰し、ゆっくりと街へと入っていく。その後、カメラは一旦、空高く上昇して湾に戻るが、再びナポリの陸地側を映像に収める。この滑らかなカメラワークとナポリの絶景は、観ているこちらを陶酔させるのだが、同時に、これから始まる物語を予告しているかのようだ。

『The Hand of God』は、1980年代のナポリを舞台に、一人の少年、ファビエットを中心にした家族の物語。ファビエットには、監督のパオロ・ソレンティーノが重ねられている、半自伝的なストーリーだ。ソレンティーノ監督の名は、映画ファンには知られているが、一般的にはそれほど有名ではない。これまでややクセの強い作品を撮ってきており、代表作でアカデミー賞外国語映画賞(現・国際長編映画賞)を受賞した『グレート・ビューティ/追憶のローマ』(13)も、ストーリーはやや難解。どちらかといえば、映画に詳しい人向けの作風が持ち味の監督。それが本作では、じつに親しみやすく語りかけてくるテイストになっていて驚かされた。

ファビエットの家族と親戚たちが次々と登場する導入部は、濃いキャラがひしめき合い、それぞれの豪快なノリもあって、その関係がややわかりづらいものの、イタリアらしい賑やかなムードにのまれ、観ているこちらも家族の一員になった気がしていく。親戚の中でひときわ際立つ存在が、ファビエットの叔母、パトリツィア。一同のバカンス先でも、彼女はみんなの前で平気で全裸になるなど、ファビエットの妄想もかき立てまくる。パトリツィアを通して描かれる十代の少年の恋のめざめには、まさかのエピソードも用意され、このあたりもイタリア映画らしい奔放さ。ハリウッド映画や日本映画では、遠慮してしまいそうな描写にも踏み込んでいく感覚は、むしろ爽快だ。

Netflix映画『The Hand of God』独占配信中。

タイトルの『The Hand of God』=「神の手」とは、サッカー界のレジェンドであるディエゴ・マラドーナが、1986年のワールドカップでハンドでゴールを決めた際の彼の弁明で、歴史に残る名言。ファビエットはマラドーナの大ファンで、彼が地元のチームSSCナポリに移籍するかどうかというエピソードが、並行して描かれる。その「神の手」は、ファビエットの人生に与える影響ということで、別の意味をもって迫ってくる。このあたりは、じつに映画的!

前半で語られる何気ないエピソードや、登場人物の一見、どうでもいいセリフが、中盤から後半で重要な役割を果たして、劇的なエモーショナル、あるいは静かにしみわたる感動を与え、そうした脚本のうまさにも思わずうなってしまう。

そしてこれは、後に世界的な映画監督になったソレンティーノの半自伝なので、ナポリの街での撮影風景など、要所で映画のネタが登場。フェデリコ・フェリーニやセルジオ・レオーネら、イタリア映画界の巨匠へのオマージュも映画ファンの心を躍らせる。何より、主人公が監督をめざすにはナポリを出ていく必要があり、将来の夢と故郷への愛、若き才能の背中を押す優しさは、『ニュー・シネマ・パラダイス』(88)、『リトル・ダンサー』(00)あたりを好きな人だったら、強烈に胸が締めつけられるはずである。そこで気づくのは、オープニングの空撮の意図だ。一度、海の上空に出たカメラが再びナポリの陸地へ戻るのは、他ならぬファビエット=パオロ・ソレンティーノ監督の運命と心象を表現していた。

クライマックスにピーノ・ダニエレの「Napule E'」という曲が流れるが、その使われ方があまりに美しく、初めて聴いた人もメロディがしばらく耳の奥から消えることはない。深く、切ない余韻とともに、一年に何度も出会うことのない青春映画の傑作として『The Hand of God』は記憶に刻まれることだろう

Netflix映画『The Hand of God』は、全世界独占配信中。

Netflixおすすめ作品をもっと見る(PR)

『The Hand of God』
Yahoo!映画 作品詳細を見る

斉藤博昭
斉藤博昭

映画専門のフリージャーナリスト、フリーライター。ダンサー経験もあるのでミュージカルにはうるさく、幼い頃からあこがれの国だったイギリスの映画が大好物。ベスト1本挙げるなら『ザ・コミットメンツ』。

記事はここで終わりです。

新着記事一覧

ポプコニスト

あなたの映画ライフに特別なコラムを

最新記事

注目の映画まとめ