IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ここから本文です

今年の年末年始は映画で旅行へ

アカリ
アカリ

恋愛映画&人生映画が大好物。大学時代に観る専だと勘違いして入った映画研究会で、自主制作映画の女優をや...

今年の年末年始、どこに行きますか?
毎年、年末年始はパーっと旅行! という方にとっては、またしてもつらい年になりそうですね......。

ステイホームの映画もひとしきり見ちゃったという方も、ちょっと待って。
ストーリーや音楽はいったん置いておいて、映画の「風景」目的で観るというのはいかがでしょうか。

今回は、映画の「風景」だけで世界中を旅した気分になれるような、それもとびきり素敵な場所に連れて行ってくれる映画を4作品ご紹介します。

まずは、『君の名前で僕を呼んで』。こちらはイタリアの、夏。

いわずと知れた、ティモシー・シャラメの出世作で、観客の受け止め方はなかなか賛否両論の作品です。
ストーリーや演出の素晴らしさは、今回はあえて置いておいて、見入ってしまうのは、北イタリアの風景の美しさ。
要所要所でいきなりの引き。キャストの表情も分からないくらいの遠景で、魅せてくれます。

思わず開放的になってしまう夏の暑さ、適度な湿気、完璧な日光。
どのシーンを切り取っても絵葉書のようなので、ストーリーそっちのけで何度も戻して観たくなってしまうような景色でいっぱいです。

Sony Pictures Classics / Photofest / ゲッティ イメージズ

どうぞどうぞ、今回は風景が主役なので、何度でも繰り返し北イタリアの風景をご堪能あれ。

Sony Pictures Classics / Photofest / ゲッティ イメージズ

2作目は『プロヴァンスの休日』。

こちらは、あのジャン・レノ主演の、いい意味で「気の抜けた」家族の映画。
風景が見事! というわけでもないのですが、作品全体をほっこり包んでくれるような、気取らないプロヴァンスの温かみが感じられます。

日本からおフランスに行くとなると、どうしてもテンション上がってしまいがちですが、休暇の時におじいちゃん家に行くくらいの気持ちで観ると、ちょうどよい塩梅でプロヴァンスの空気を感じられそうです。

3作目は、打って変わって、『めがね』。

与論島の、本当にのんびりした、心洗われるような風景が待っています。
同じ荻上直子監督なら、『かもめ食堂』のヘルシンキじゃないの!? と言われると思いますが、あえての推しは『めがね』です。

わたくしアカリ個人的には本作は、コロナを経験して、一番評価が変わった作品かもしれないと思っています。
昔は、押しも引きもしない本作のどこが良いのか正直よく分からない部分もあったのですが、コロナのステイホーム、そして気軽に旅行に行けなくなり、気づかぬうちに色々なストレスを抱えた時期を経て、本当に何でもない日に、家で、時々すごく観たくなる作品に昇華していました。

紺碧の完璧なオーシャンブルー!ではない、日本らしい湿度を含んだ、青白い海と空気。
主張しすぎない白い砂浜。
主人公が都会で何があったか分からないけれど、登場人物たちがどんな人なのかもよく分からないけれど、与論島の風景と、荻上監督が描く世界は、今あなたが一番見たい景色かもしれないです。

そして4作目は、流れをぶった切っていきなり往年の名作、『愛と哀しみの果て』です。最後はアフリカのサバンナへ旅しましょう。

この作品は、アカデミー賞作品賞をはじめいくつもの賞を受賞し、主演のメリル・ストリープもロバート・レッドフォードも若くて強くて美しく、そして何より、20世紀初めに本当に波乱万丈な人生を送った女性の実話を基にしたという時点で全てがすごすぎるのですが、あえて言いましょう。 今回は、風景に注目です。

Universal/Photofest/ゲッティイメージズ

アフリカのサバンナの大自然。
今ならば、最新鋭の高性能カメラで空撮かドローン撮影するところですが、ちょっとアナログな雰囲気も醸し出されていて、この時代でしか見られない風景を楽しむことができます。
もしかしたら、動物も自然も、地球環境の変化などで今ではこんなに豊かではないのかも? なんて思うと、少し前の、豊かで、いつまでも成長し続けていくみたいな幻想が生きていた時代の雰囲気も感じることができます。(実際、原住民や女性や動物の扱いもひどい時代の物語なので、びっくりしてしまうシーンもちらほら)

思い出の中の外国。思い出の中の自然。

映画って、素晴らしい風景を、素晴らしい映像でタイムカプセルみたいに急速冷凍で閉じ込めてくれているんですよね。
さあ、年末年始は家でポップコーンでもおせちでも片手に、映画監督たちが見た素敵な景色を解凍して、いただきましょう! 皆様良い年末年始をお過ごしください!

>『君の名前で僕を呼んで』Yahoo!映画 作品詳細へ >『プロヴァンスの休日』Yahoo!映画 作品詳細へ >『めがね』Yahoo!映画 作品詳細へ >『愛と哀しみの果て』Yahoo!映画 作品詳細へ

登録不要で無料配信のある映画はこちら!

(C) 2014-LEGENDE FILMS-GAUMONT-FRANCE2 CINEMA

GYAO!ではユーザー登録不要で無料映画をお楽しみいただけます。

アカリ
アカリ

恋愛映画&人生映画が大好物。大学時代に観る専だと勘違いして入った映画研究会で、自主制作映画の女優をやらされた経験アリ。『Lolita(1997)』『SATC』大好き。

記事はここで終わりです。

新着記事一覧

ポプコニスト

あなたの映画ライフに特別なコラムを

最新記事

注目の映画まとめ