ここから本文です

宮沢りえが年下の男に溺れる女を熱演したサスペンス『紙の月』が高評価 ユーザーレビューまとめ

宮沢りえ演じる銀行勤めの平凡な主婦が、池松壮亮演じる若い男性との出会いをきっかけに大金横領事件に手を染めていくサスペンスです。原作は、直木賞作家の角田光代。年下の男性に溺れていく女性の心理を体現、宮沢りえの熱演が見事です。

紙の月

4.02 5219件

評価