ここから本文です

誘拐犯と誘拐された少女を描くヒューマンサスペンス『八日目の蝉』 ユーザーレビューまとめ

"優しかった母は誘拐犯、連れ去られたのは私・・" 誘拐犯(永作博美)と誘拐された少女(井上真央)の逃亡劇、さらにその後の人生を描く。4歳のときに両親のもとに戻されたが、その事実を知った恵理奈は心を閉ざしてしまう。

八日目の蝉

3.92 3959件

評価

配信は終了しました。