ここから本文です

阿部サダヲが怪演『死刑にいたる病』名匠・白石和彌監督が描くサスペンス【新作映画】 レビューまとめ

『凶悪』『孤狼の血』などの白石和彌監督が、櫛木理宇の同名小説を映画化したサイコサスペンス。史上最悪の連続殺人鬼からの依頼を受けた大学生が冤罪とされる事件を調べていくうちに、マインドコントロールされるようにサイコパスに引き込まれていく。殺人鬼を阿部サダヲ、事件を調べる大学生を岡田健史が演じ、岩田剛典、中山美穂らが出演している。

死刑にいたる病

3.46 724件