ここから本文です

米津玄師の主題歌でおくる『シン・ウルトラマン』感性溢れる歌詞が作品を後押しする【新作映画】 レビューまとめ

『シン・ゴジラ』を手掛けた樋口真嗣と庵野秀明が再びタッグを組み、初代『ウルトラマン』を新たに映画化。謎の巨大生物「禍威獣」が現れ危機に直面した現代の日本を舞台に描く。斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊、山本耕史らが出演している。主題歌を担当した米津玄師は、歌詞に「祝福を受けるべき者と与える者の連鎖を楽曲に込めた」と語っており、感性溢れる言葉でヒーローの孤独と優しさを表現している。