ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

2017年 第30回 東京国際映画祭特集

掲載期間:2017年10月6日〜11月15日

特別映像

東京国際映画祭で上映する作品の予告編や、銀幕のミューズたちの特別インタビューを公開します。

フォトギャラリー

10月25日(水)は今年のレッドカーペット写真を更新します!

上映作品

オープニング作品、第30回記念オープニングスペシャル作品、クロージング作品

12月公開の実写版『鋼の錬金術師』や、前作がアカデミー賞2部門受賞した『不都合な真実2:放置された地球』が特別上映されます。

  • 12月1日公開

    鋼の錬金術師

    1.27

    評価
  • 2月公開

    空海―KU-KAI―

    0.00

    評価
  • 11月17日公開

    不都合な真実2:放置された地球

    1.00

    評価

Japan Now 銀幕のミューズたち特集

安藤サクラさん、蒼井優さん、満島ひかりさん、宮﨑あおいさんのターニングポイントとなった作品と最新作を上映。上映後に本人による登壇トークショーが行われます。

  • 2011年公開     

    かぞくのくに

    3.97

    評価

    安藤サクラさんの登壇トークショー付き

    『Dear Pyongyang ディア・ピョンヤン』『愛しきソナ』のヤン・ヨンヒ監督が北朝鮮と日本に暮らす自身の家族の境遇を三たび題材に掲げ、初のフィクション映画として作り上げた家族ドラマ。北朝鮮に住む兄が病の治療のために25年ぶりに帰国し、思想や価値観の違いに戸惑い、理不尽な政治情勢に振り回される家族の様子を描いていく。日本に住む妹に安藤サクラ、北朝鮮から一時帰国する兄に井浦新がふんするほか、『息もできない』のヤン・イクチュン、京野ことみなど実力あるキャストが顔をそろえる。擦れ違いながらも愛情にあふれる家族の姿が胸を打つ。
  • 上映中     

    0.5ミリ

    2.97

    評価

    安藤サクラさんの登壇トークショー付き

    初監督作『カケラ』が高く評価された安藤桃子が、自身の介護経験を基に執筆した小説を映画化。ある事件に巻き込まれて全てを失った介護ヘルパーが、生きるために押し掛けヘルパーを始めたことからスタートする交流を通し、人と人とのつながりを描く。ワケあり老人たちを見つけてはその生活に入り込んでいくヒロインを、監督の実妹である安藤サクラが熱演。共演に柄本明、坂田利夫、草笛光子、津川雅彦らベテランが顔をそろえる。
  • 2004年公開      高評価

    花とアリス

    4.04

    評価

    蒼井優さんの登壇トークショー付き

    ショートフィルムとしてウェブで配信されていた岩井俊二監督作品の劇場公開版。恋に揺れる2人の少女、ハナに鈴木杏が、アリスに蒼井優が扮している。そしてこの2人の少女に翻弄される宮本を郭智博が演じている。ルー大柴、アジャ・コング、伊藤歩、中野裕之監督、叶美香、テリー伊藤らの豪華ゲスト出演も見逃せない。ショートフィルムでは描かれなかったエピソードも多数盛り込まれている。
  • 上映中     

    家族はつらいよ2

    3.61

    評価

    蒼井優さんの登壇トークショー付き

    ワケありクセあり一家の悲喜こもごもを描いたコメディードラマの続編。離婚危機を乗り越えた平田家の面々が、父親の同級生が来訪したのを機に新たな騒動を巻き起こす。監督の山田洋次、 脚本の平松恵美子、キャストの橋爪功、吉行和子、西村雅彦、妻夫木聡、蒼井優ら前作のスタッフ・キャスト陣が再結集する。無縁社会というテーマを掲げ、山田監督が独自の視点で描く家族物語に引き込まれる。
  • 2016年公開     

    愚行録

    3.60

    評価

    満島ひかりさんの登壇トークショー付き

    「乱反射」「後悔と真実の色」などで知られる人気小説家、貫井徳郎の直木賞候補作を実写化したミステリー。未解決の一家殺人事件を取材する雑誌記者が、その思わぬ真相にたどり着く姿を追う。メガホンを取るのは、短編を中心に手掛けてきた石川慶。『悪人』で共演した妻夫木聡と満島ひかり、『十字架』などの小出恵介、『ランブリングハート』などの臼田あさ美らが顔をそろえる。羨望、嫉妬、駆け引きといった人間を深く見つめた物語に引き込まれる。
  • 上映中     

    海辺の生と死

    3.10

    評価

    満島ひかりさんの登壇トークショー付き

    「死の棘」などで知られる作家・島尾敏雄の「島の果て」と、自身も作家である妻・島尾ミホの「海辺の生と死」を基にしたラブストーリー。太平洋戦争末期の奄美群島加計呂麻島を舞台に、島に駐屯する海軍特攻艇部隊の隊長と国民学校の教師が、恋に落ち結ばれるまでを描く。ミホをモデルにしたトエには『悪人』などの満島ひかりがふんし、島唄に挑戦。『アレノ』などの越川道夫がメガホンを取る。
  • 2016年公開     

    怒り

    3.83

    PG-12
    評価

    宮﨑あおいさんの登壇トークショー付き

    『横道世之介』『さよなら渓谷』などの原作者・吉田修一のミステリー小説を、『悪人』でタッグを組んだ李相日監督が映画化。現場に「怒」という血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄を舞台に三つのストーリーが紡がれる群像劇で、前歴不詳の3人の男と出会った人々がその正体をめぐり、疑念と信頼のはざまで揺れる様子を描く。出演には渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡など日本映画界を代表する豪華キャストが集結。
  • 2000年公開     

    EUREKA ユリイカ

    3.70

    評価

    宮﨑あおいさんの登壇トークショー付き

     九州の田舎町で起こったバスジャック事件に遭遇し、生き残った運転手の沢井と中学生と小学生の兄妹。3人は凄惨な現場を体験し心に深い傷を負う。2年後、事件直後、妻を置いて消息を絶っていた沢井は再びこの町に戻ってきた。同じころ、周辺では通り魔の犯行と思われる連続殺人事件が発生し、次第に疑惑の目が沢井にも向けられるようになる。兄妹が今も二人だけで生活していることを知った沢井は、突然兄妹の家に行き、そこで奇妙な共同生活を始める。心に深い傷を負った人々の、崩壊と再生への旅を描く。

Japan Now 過去1年の日本映画を独自の視点でセレクション

監督と出演俳優の登壇トークショーがあることも。詳しくは東京国際映画祭公式ページをご確認ください。

  • 上映中

    三度目の殺人

    3.51

    評価

    この映画のピックアップユーザーレビュー

    第66回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作『そして父になる』の福山雅治と是枝裕和監督が再び組んだ法廷サスペンス。死刑が確実視されている殺人犯の弁護を引き受けた弁護士が、犯人と交流するうちに動機に疑念を抱くようになり、真実を知ろうとするさまを描く。弁護士や検事への取材に加え、作品の設定通りに実施した模擬裁判で出てきたリアルな反応や言動などを脚本に反映。福山ふんする主人公が弁護を担当する殺人犯を、役所広司が演じる。
  • 上映中

    夜は短し歩けよ乙女

    3.39

    評価
  • 上映中

    映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ

    3.75

    評価
  • 上映中

    3.61

    評価

    この映画のピックアップユーザーレビュー

    第68回カンヌ国際映画祭ある視点部門オープニング作品に選ばれた『あん』の河瀬直美監督と永瀬正敏が、再び組んだ人間ドラマ。永瀬演じる弱視のカメラマンと、視覚障害者向けに映画の音声ガイドを制作する女性が、それぞれに光を求めて葛藤しながら心を通わせていくさまを描く。ヒロインには『ユダ』などの水崎綾女。『駆込み女と駆出し男』などの神野三鈴、『東京ウィンドオーケストラ』などの小市慢太郎、『許されざる者』などの藤竜也らが出演する。
  • 上映中

    美しい星

    3.51

    評価
  • 上映中

    幼な子われらに生まれ

    3.88

    評価

第30回特別企画 トリビュート・トゥ・ミュージカル supported by スターチャンネル

『ラ・ラ・ランド』や『美女と野獣』など今年の話題作を含むミュージカル映画の傑作を上映します。

  • 上映中

    ラ・ラ・ランド

    3.97

    評価
  • 上映中 高評価

    美女と野獣

    4.19

    評価
  • 2012年公開 高評価

    レ・ミゼラブル

    4.14

    評価
  • 2004年公開

    オペラ座の怪人

    3.91

    評価
  • 1965年公開 高評価

    サウンド・オブ・ミュージック

    4.52

    評価

新海誠オールナイト

昨年大ヒットした『君の名は。』を含む新海誠監督作品をオールナイトでイッキ見!

  • 上映中 高評価

    君の名は。

    4.07

    評価
  • 2007年公開

    秒速5センチメートル

    3.58

    評価
  • 2013年公開

    言の葉の庭

    3.55

    評価
  • 2011年公開

    星を追う子ども

    3.47

    評価
  • 2004年公開

    雲のむこう、約束の場所

    3.55

    評価

Cinema Arena30 無料野外上映

六本木ヒルズアリーナにて無料野外上映!軽食の販売もあるので、気軽に映画を楽しみましょう。

  • 1997年公開 高評価

    タイタニック

    4.19

    評価
  • 1998年公開

    アルマゲドン

    3.81

    評価
  • 2014年公開 高評価

    ベイマックス

    4.11

    評価
  • 2008年公開 高評価

    ウォーリー

    4.16

    評価
  • 2012年公開

    アルゴ

    3.98

    評価
  • 2000年公開

    チャーリーズ・エンジェル

    3.60

    評価
  • 2009年公開

    カールじいさんの空飛ぶ家

    3.79

    評価
  • 1997年公開

    エアフォース・ワン

    3.79

    評価
  • 2011年公開 高評価

    最強のふたり

    4.30

    PG-12
    評価
  • 1989年公開 高評価

    フィールド・オブ・ドリームス

    4.01

    評価

映画監督 原恵一の世界

監督デビュー30周年を迎えた原恵一監督の初の大規模特集上映。

まだまだあるおすすめ上映作品

詳しい情報は東京国際映画祭公式ページをご確認ください。

  • 1954年公開 高評価

    ゴジラ

    4.14

    評価
  • 2003年公開 高評価

    パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち

    4.07

    評価
  • 12月23日公開

    勝手にふるえてろ

    0.00

    評価
  • 11月25日公開

    最低。

    0.00

    評価
  • 11月18日公開 高評価

    KUBO/クボ 二本の弦の秘密

    4.60

    評価
  • 11月11日公開

    オトトキ

    0.00

    評価
  • 11月18日公開 高評価

    泥棒役者

    5.00

    評価
  • 11月4日公開

    Ryuichi Sakamoto:CODA

    0.00

    評価
  • 12月16日公開

    花筐/HANAGATAMI

    0.00

    評価
  • 1954年公開 高評価

    山椒大夫[4Kデジタル復元版]

    4.22

    評価
  • 1980年公開

    影武者[4Kデジタルリマスター版]

    3.68

    評価
  • 1939年公開 高評価

    オズの魔法使

    4.22

    評価
  • 2006年公開

    不都合な真実

    3.93

    評価
  • 2016年公開

    湯を沸かすほどの熱い愛

    3.87

    評価
  • 1999年公開 高評価

    初恋のきた道

    4.14

    評価

東京国際映画祭とは?

日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の映画祭

第30回を迎える東京国際映画祭(以下 TIFF)は日本で唯一の国際映画製作者連盟*公認の国際映画祭です。1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生した TIFFは、日本およびアジアの映画産業、文化振興に大きな足跡を残し、アジア最大級の国際映画祭へと成長しました。いまや最も熱気溢れるアジア映画の最大の拠点である東京に世界中から優れた映画が集まり、国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供します。

*国際映画製作者連盟:世界の映画産業、国際映画祭の諸問題を改善し、検討する国際機関。パリに本部を置き、世界 31 ヵ国(2017年9月現在)が加盟している。

プレゼントの応募は終了しました

たくさんのご応募ありがとうございました。

  • 東京国際映画祭だけの特別先行上映
    Hey! Say! JUMP山田涼介さん主演作品
    鋼の錬金術師
    鋼の錬金術師
    日時:10月25日(水)
    時刻:19:45〜
    場所:TOHOシネマズ 六本木SC2
    枚数:2組4名様
    応募は終了しました。
  • 宮﨑あおいさんと青山真治監督の登壇トークショー付き
    EUREKA ユリイカ
    EUREKA ユリイカ
    日時:11月1日(水)
    時刻:14:50〜
    場所:TOHOシネマズ 六本木SC2
    枚数:2組4名様
    応募は終了しました。
  • 満島ひかりさんと石川慶監督の登壇トークショー付き
    愚行録
    愚行録
    日時:10月27日(金)
    時刻:15:20〜
    場所:TOHOシネマズ 六本木SC2
    枚数:2組4名様
    応募は終了しました。
  • 蒼井優さん、鈴木杏さん、岩井俊二監督の登壇トークショー付き
    花とアリス
    花とアリス
    日時:10月30日(月)
    時刻:18:50〜
    場所:TOHOシネマズ 六本木SC2
    枚数:2組4名様
    応募は終了しました。
  • 安藤サクラさんとヤン・ヨンヒ監督の登壇トークショー付き
    かぞくのくに
    かぞくのくに
    日時:10月29日(日)
    時刻:14:40〜
    場所:TOHOシネマズ 六本木SC2
    枚数:2組4名様
    応募は終了しました。
  • ディズニー製作の『美女と野獣』を実写化した、ファンタジーロマンス
    美女と野獣
    美女と野獣
    日時:11月3日(金)
    時刻:15:40〜
    場所:TOHOシネマズ 六本木SC1
    枚数:2組4名様
    応募は終了しました。
  • 本年度アカデミー賞最多6部門受賞
    ライアン・ゴズリング主演
    ラ・ラ・ランド
    ラ・ラ・ランド
    日時:10月27日(金)
    時刻:20:05〜
    場所:TOHOシネマズ 六本木SC8
    枚数:2組4名様
    応募は終了しました。
  • 第一作『ゴジラ』をフルオーケストラと共に全編上映
    ゴジラ シネマ・コンサート
    ゴジラ シネマ・コンサート
    日時:10月31日(火)
    時刻:15:00〜
    場所:東京国際フォーラム ホールC
    枚数:2組4名様
    応募は終了しました。
  • アカデミー賞2部門受賞の『不都合な真実』の続編
    不都合な真実2:放置された地球
    不都合な真実2:放置された地球
    日時:11月3日(金)
    時刻:15:00〜
    場所:EXシアター
    枚数:2組4名様
    応募は終了しました。