掲載期間: 2022年07月15日未定提供: 株式会社ハピネットファントム・スタジオ

Goodbye Cruel World / グッバイ・クルエル・ワールド レビュアーのレビューを公開中!

合計80名様を『グッバイ・クルエル・ワールド』レビュアー試写会にご招待

全員互いに素性を明かさない強盗組織。彼らは、ラブホテルで秘密裏に⾏われていたヤクザ組織の資⾦洗浄現場を狙い、⼤⾦強奪の⼤仕事に成功。それぞれの⽣活に戻るはずだったのだが…。 主演の西島秀俊ほか、豪華俳優陣が集結したクライム・エンターテインメントが誕生! この映画の試写会に、Yahoo!映画でレビュー投稿可能な方(Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方)をご招待!(作品詳細をみる)

レビュアー試写会の応募はこちら


レビュアー試写会の応募は終了しました。たくさんの応募ありがとうございました。

2022年07月15日 (金) 12時00分2022年07月21日 (木) 12時00分
80名様
2022年07月27日 (水)
18時00分
18時30分
スペースFS汐留/東京都港区東新橋1-1-16 汐留FSビル3F
(Yahoo!地図で開く)

作品レビュー



  • Sachi

    3.0

    誰が善人で誰が悪者なのか?

    試写会にて鑑賞。 現実離れしているようで多くの人の心の中を具象化してみましたみたいな作品ですね。 キャストがとにかく豪華。 苦手な分野ではありますけど楽しめました。 斎藤工のクズ役がお見事でした。

  • sak********

    4.0

    ネタバレワイルドハードボイルド!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • but********

    4.0

    ネタバレ邦画なのに健全じゃないでしょうか

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ser********

    3.0

    クズがクズを呼ぶクライムムービー

    フリー・ファイヤーの世界観と近いかな?水沢氷魚と玉城ティナも一緒にしちゃうとちょっと可哀想かなと思うけど、登場人物は全員クズ。 斎藤工の役が私の中ではベスト・オブ・クズなキャラだった。 邦画の中では洋楽多めでファンキーな印象でした。 あと、西島さん元ヤクザ感が全然しなかったから、現役の頃は穏やかな顔して酷いことするヤバい人だったんだろうなと妄想してしまった。

  • cal********

    3.0

    キャストは魅力的、個々の掘り下げがほしかった・・・

    タランティーノの作風に寄せたかな?と最初は感じたが・・・。 三池監督じゃね?って・・・・ 大森監督が、ハードボイルドにやってます。 過去から抜け出させない犯罪グループのメンバーが、 希望がない分、銃をぶっぱなし、血しぶきが舞うシーンが続く。 抜き差しならない現状から、もがく登場人物には、ちょっと共感もある。 が、極道を選んだなら、世間は厳しいのは当然のことと覚悟すべし。 それぞれの人物の掘り下げがあると、もっとよかったかな・・? (特に、斎藤工とお金がほしい玉城ティナの役) 一番怖いのは、Z世代の観た目普通な青年が、 人情もへったくれもなく、ドライな奴らだった。 クズがクズを殺し合う、のはよしとして、 社会派な監督の撮った映画は、 イマイチ救いがなくて、ちょっと残念。 イキがったクライム・シーンは、時として、カッコよくも、 せつなさもあり、 ボビー・ウーマックはじめR&Bの音楽は、嬉しかったです。

  • nz_********

    3.0

    試写会で

    試写会で拝見しました。 豪華なキャスト陣で期待してましたがストーリー性があまり感じられず、、面白かった!って感じではないです。 キャッチコピーの通り、狂乱の世界は描かれていたと思います。 銃撃がすごかったです。苦手な方はご注意を。

  • sak********

    4.0

    バイオレンス、血しぶき多め

    酷い暴力描写、という程ではありませんが、苦手な方はご注意を。 キャストが豪華です。なので意外な人が早々に退場します。玉城ティナさん良かったです。 ストーリーはあってないような…。最後は皆やたら撃つし、やたら当たります。爽快感が欲しかった。 元ヤクザのイイジマ役の方、際立っていました。すごかったです。

  • rn_********

    3.0

    音楽が良い

    邦画ですが洋楽が似合う映画だと思いました。挿入歌がどれも良かったです。 展開がはやくあっという間の2時間でした。 玉城ティナさんや宮沢氷魚さんが映っているときはとにかく画面がきれいでそれだけでも見応えがあるな、と思いました。

  • pe

    4.0

    おしゃれなヤクザ映画

    面白かったです。脚本が高田良さんなのですね。 音楽が良い。冒頭からおしゃれ。 なにより配役が素晴らしすぎて。まず奥野瑛太さんの瞳孔の開きっぷりがすごい。最高でした。 奥田瑛二さんも怖すぎて、その後の若い2人の無言のシーンに「こわーー」と台詞をつけたい気持ち。 三浦友和さんのしもべ?役の三人も、もうそれっぽい感じだし旬な三人でびっくり。 宮沢さんと玉木さんはなんでーと思ってたけど、スタイリッシュなシーンで、なるほど!だからか!と思った。 絶対死なない俳優、西島さんは今回も死なないのか。劇場でお確かめください。

  • yas********

    2.0

    期待し過ぎだったかな・・・

    期待し過ぎだったかも・・・ もっとギラギラして欲と野望に満ち溢れ、もっとバカして欲しかった。

レビューをもっと見る
Goodbye Cruel World(グッバイ・クルエル・ワールド) 公式サイトへ