新作映画の特別映像を配信! スペシャル映像
  1. 映画トップ
  2. スペシャル映像
  3. 2016年11月
  4. 『母の残像』冒頭映像

『母の残像』冒頭映像

『母の残像』(2016年11月26日公開予定)冒頭映像を配信中


【解説】鬼才ラース・フォン・トリアーのおいで、『オスロ、8月31日』などのヨアキム・トリアー監督作。第68回カンヌ国際映画祭を筆頭に各国の映画祭に出品された。亡くなった戦争写真家の回顧展を準備する夫と息子たちが、彼女の未知の一面と死の真相に触れる。『チリ33人 希望の軌跡』などのガブリエル・バーン、『ソーシャル・ネットワーク』などのジェシー・アイゼンバーグらが出演。家族を深く見つめた物語に注目。


【あらすじ】3年前に事故とも自殺とも言い難い不可解な死を遂げた写真家、イザベル(イザベル・ユペール)。その回顧展のため、彼女の息子ジョナ(ジェシー・アイゼンバーグ)は実家にいる父ジーン(ガブリエル・バーン)と引きこもり気味の弟コンラッド(デヴィン・ドルイド)と久々の対面を果たす。それぞれがイザベルへの思いを話しながら準備を進めていくうちに、これまで知ることのなかった彼女の素顔や秘密が浮かび上がっていく。それらに戸惑いながらも、改めて彼女の死を受け入れようとする彼らだったが……。


【キャスト】ガブリエル・バーン ジェシー・アイゼンバーグ イザベル・ユペール

作品ユーザーレビュー

ユーザーレビューを投稿する

  • 複雑な家庭環境

    2

    女性の戦場写真家を物語の軸に据えた映画と言えば「おやすみなさいを言いたくて」が挙げられる。
    結...

    • motorhead_lemmy
    • 2017/08/15 12:55
    続きを読む
  • 兄弟愛が母親の死を乗り越えていく

    0

     戦場カメラマンの母親の死を受け入れるということ。単なる事故死ではなく、自殺の可能性があったというこ...

    • yab*****
    • 2017/08/10 17:15
    続きを読む
  • 一口寸評

    0

    監督はラース・フォン・トリアーの甥、長編3作目にして本邦初公開。
    なるほど、映像へのこだわりは...

    • nn1*****
    • 2017/07/15 13:21
    続きを読む