新作映画の特別映像を配信! スペシャル映像
  1. 映画トップ
  2. スペシャル映像
  3. 2017年12月
  4. 『否定と肯定』冒頭映像

『否定と肯定』冒頭映像

『否定と肯定』(2017年12月8日公開予定)冒頭映像を配信中


【解説】ナチスドイツによるホロコーストをめぐり、欧米で論争を巻き起こした裁判を基に描かれた法廷劇。ユダヤ人歴史学者をオスカー女優のレイチェル・ワイズ、ホロコースト否定論を唱える歴史学者を『ターナー、光に愛を求めて』などのティモシー・スポールが演じるほか、名優トム・ウィルキンソン、『007 スペクター』などのアンドリュー・スコットらが共演。『ボルケーノ』などのミック・ジャクソンがメガホンを取った。


【あらすじ】1994年、イギリスの歴史家デイヴィッド・アーヴィング(ティモシー・スポール)が唱えるホロコースト否定論を自著「ホロコーストの真実」で否定していたユダヤ人の女性歴史学者デボラ・E・リップシュタット(レイチェル・ワイズ)は、アーヴィングから名誉毀損(きそん)で提訴される。やがて、法廷で対決することになった彼女のサポートのためイギリス人による大弁護団が結成され、歴史の真実の追求が始まり……。


【キャスト】レイチェル・ワイズ トム・ウィルキンソン ティモシー・スポール アンドリュー・スコット ジャック・ロウデン カレン・ピストリアス アレックス・ジェニングス

作品ユーザーレビュー

ユーザーレビューを投稿する

  • ユダヤ人大好きな人は見たら?NEW!

    0

    否定派もいるし、肯定派もいるけど
    これはユダヤ派の為の映画に思えた
    実際どちらも正しくも...

    • keb*****
    • 2018/07/17 23:13
    続きを読む
  • 忍び寄るねずみ男

    0

    売られた喧嘩は買う。
    買わざるを得ない。しかも、ねずみ男みたいな
    サイコからの喧嘩である...

    • mnk*****
    • 2018/07/07 15:27
    続きを読む
  • 裁判は感情的になったらダメ

    1

    ホロコーストの存在の有無を裁判で争ってたなんて…最初聞いた時ちょっと意味が分からなかっ...

    • パルしん
    • 2018/07/05 13:56
    続きを読む