ここから本文です

スペシャル映像

新作映画の特別映像を配信!

『クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代』 予告編

    

上映中

クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代

監督
ミシェル・マリー
2.78

 /評価: 9

  • みたいムービー 34
  • みたログ 11

登録すると、公開直前やGYAO!配信のときにMyムービーでお知らせします!詳細へ

解説

19世紀末から20世紀初頭のウィーンを代表する画家、グスタフ・クリムトとエゴン・シーレ没後100年を記念して作られたドキュメンタリー。世紀末のウィーンで開花した文化と、彼らの絵画の世界をひもとく。ミシェル・マリーが監督を務め、日本語ナレーションを『素敵なダイナマイトスキャンダル』などの柄本佑が担当。

あらすじ

「ユディトI」「接吻」といった作品で知られ、ウィーン分離派で中心的役割を果たしたグスタフ・クリムト。そのクリムトと深い関わりを持ち、「自画像」「死と乙女」などの作品を残したエゴン・シーレ。二人は人間の不安や恐れ、エロスを描き、革新的な作品を生み出した。彼らの作品を所蔵する美術館などを巡りながら、ウィーンの黄金時代を紹介する。

キャスト・スタッフ

監督:ミシェル・マリー 脚本:アリアンナ・マレリ

(C) Belvedere

前後の映像

新着のユーザーレビューまとめ

もっと見る