IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ここから本文です

スペシャル映像

新作映画の特別映像を配信!

『旅立つ息子へ』特別映像

    

上映中

旅立つ息子へ

監督
ニル・ベルグマン
3.88

 /評価: 52

  • みたいムービー 89
  • みたログ 70

登録すると、公開直前やGYAO!配信のときにMyムービーでお知らせします!詳細へ

世界中がこの美しい親子愛に大粒の涙!!2020年カンヌ国際映画祭正式出品作 東京国際映画祭で唯一の二度のグランプリを誇る巨匠ニル・ベルグマン監督待望の最新作
子育て卒業の時が来るのはわかっていた。息子にすべてを捧げてきた父。予期せぬ逃避行を経て下したとはー。実話に基づく親子の愛と絆の物語
まるでチャップリン映画!父子のユーモラスな姿と愛溢れるやりとり。ふたりだけの時間と絆が伝わる特別映像解禁

解説

自閉スペクトラム症の息子と父親の絆を描くヒューマンドラマ。二人で暮らしてきた父子が突然引き離されることになり、父親は息子を連れて逃げることを決心する。脚本家ダナ・イディシスの父親と弟の実話を基に、『僕の心の奥の文法』などのニル・ベルグマンが監督を手掛け、父親をシャイ・アヴィヴィが演じ、息子をノアム・インベル、母親をスマダル・ヴォルフマンが演じている。本作は、第73回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「カンヌ2020」に選出された。

あらすじ

グラフィックデザイナーの仕事を引退したアハロン(シャイ・アヴィヴィ)は、20歳の息子ウリ(ノアム・インベル)と一緒に田舎町でのんびり生活している。アハロンは、自閉スペクトラム症の息子の面倒を一人で見てきたのだった。ところがある日、一人息子の将来を案じた別居中の妻タマラ(スマダル・ヴォルフマン)が、全寮制の特別支援施設への入所を決めてしまう。

キャスト・スタッフ

キャスト:シャイ・アヴィヴィ、ノアム・インベル、スマダル・ヴォルフマン
スタッフ:監督/ニル・ベルグマン(『僕の心の奥の文法』 第23回東京国際映画祭グランプリ受賞)、脚本/ダナ・イディシス

(C) 2020 Spiro Films LTD.

前後の映像

新着のユーザーレビューまとめ

もっと見る