ここから本文です

イオンシネマ高の原

京都府 / 高の原

所在地
京都府木津川市相楽台1-1-1 イオンモール高の原4F
連絡先
[電話]0774(71)9545
公式サイト
http://www.aeoncinema.com/cinema/takanohara/

快適なニュータウン+【京都の映画館メモ】

総合評価

★★★★★

詳細評価

座席
音響
アクセス
サービス
売店

「高の原」は、京都府・奈良県にまたがるニュータウンで、バスには鹿さんのマークがついていて、気分は奈良だ。近鉄電車の急行停車駅が谷間にあり、両側の大きな丘陵が緑を残して住宅地になり、車道と分離された歩道がめぐらされていて、計画的に整備された、ヨーロッパの都市郊外を思わせる。

シネコンは、駅の西側すぐの大型ショッピング・センターに入っていて、とても便利です。

=====
ここからは、京都の映画館のレビューに書き忘れた、自分のためのメモです。

●TOHOシネマズ(二条)
 映画の後、1階にレストランが並ぶが、イタリアレストランのグラスワインはとてもまずい。(ビールは普通)。これを飲むと、公平な良い映画レビューが書けない。ただし、宇宙SF映画『プロメテウス』の鑑賞後は、「あの乗組員たちも、冷凍睡眠でうまいものも食べれず、惑星では大変な目にあって、気の毒だなあ」と思って、まずい赤ワインを飲むと、少し乗組員の気持ちに近づけて、なかなか良かった。
 ここで映画を観るときは、前に食べておいて、映画の後は、二条駅の反対側にある、少し高いがうまいイタリアンで、一杯飲むにとどめること。

●Tジョイ(京都駅南口)
 夜遅くになると、ショッピングセンター高層階の人気のない駐車場を通って帰ることになり、少し怖い(他に道があるのだろうか?)。夜遅くの割引映画は、できるだけ避けること。

●MOVIX(新京極)
 映画の後は、深く考えながら河原町通りに出ると、人や車にぶつかる。三条通なら、考えにふけりつつ歩ける。お酒のうまい店も、夜遅くまで開いている。

●アレックスシネマ(浜大津)
 映画を観たあとの散歩も、楽しみな環境にある。
 珍しい芸術系作品を上映していることがある。
 ビルには中級の飲食店も入っている。映画の後に、シーンを思い出して検討するためのドリンクとしては、ワインはそこそこで、カクテルかウィスキーのソーダ割りなら、役に立つだろう。 

このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ