恋人までの距離(ディスタンス)
4.0

/ 886

41%
34%
17%
6%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(188件)

ロマンチック26.3%切ない16.7%知的11.0%楽しい10.4%かわいい10.0%

  • Hassy

    4.0

    ネタバレ台詞で魅せてくれる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • まあしい

    5.0

    間違えた!!

    この映画の続編を観たかったのに、間違えて再度レンタルしてしまいました。 冒頭、列車で出会う二人・・・「イーサン、若いな~。全然変わってないや・・」って思いながら、5分くらい観て気がついた。 ショック!! でも、でも・・やっぱり前回同様、引き込まれました。 ストーリーなんて他人に説明するのに1分も掛からない内容なのにね。 二人の会話だけで成立する映画なんて他にありますか? イーサンの表情がいいですね~。当時25歳ですね。たぶん・・リアルタイムでちょっとお気楽なアメリカンを演じてて、知的なのかそうじゃないのか、つっぱったり、素直だったり。ほとんど表情だけの演技なのに、素晴らしかった。 もちろん、脚本も素晴らしいです。丸1日も一緒にいれない男女が出会いがウィーンの町を散策しながら会話を続ける・・ 他人の会話なんて聞いていて楽しいはずないのに。普通はね・・でも、8年ほど前に観たとき、いつ停止ボタンを押そうかと思いながら最後まで見入りました。 ラストの二人の離れがたい思い・・一人になったときのそれぞれの顔の表情に心情が表れていて良かったです。特にジュディー デルビーのふっと笑みを浮かべながら目を閉じる ところ。悲しくて、切なくて、それでいて幸せな気分。観てる方に伝わりました。 わたしも同じ気持ちになれたから・・・ 今日は9年後の二人を観よう・・・楽しみ!

  • spu********

    2.0

    ほんとに何気ない旅の瞬間

    よく俳優や女優がヨーロッパをのんびり旅するBSの番組がありますが全く本当に演出も一切ないバージョンをずーーーーーっとだらだら見せられてるような感覚でした。 特に面白い事もなく山も谷も無くケツの青い若者の大して深みもない自意識だけ高いどうでもいい話を延々聞かされるという。 行きずりのセックスを我慢して半年後に同じ場所でまた会おうなんていうおしゃれな事を除いたら本当に見るところ無いです。

  • シネマバカ一代。

    4.0

    会話がすべて。

    会話を重視した恋愛映画だった。 別れ際の二人のなんとも言えない表情と上手く言葉にできないもどかしさが愛らしい。 その前にハープシコードを弾いてるシーンで二人が抱き合うところが印象に残る。

  • nar********

    2.0

    感覚的にディスタンス

    出会ったばかりの2人がウィーンの街を漂いながら束の間の恋をしていくという構成はシンプルだけどウットリするし、役者2人の恋が始まる高まりを演じる姿はちょっとエロい気分になるぐらいに色っぽい。 でも、でも、入り込めなかったんですよ、この映画。 2人の交わす会話が本当にどうでも良く感じて、、 そのたわいも無いながらお互いを探り合う会話がいいんだよ、っていう意見が多そうですが、そこが個人的にダメでした。 食べ物の好き嫌いは無い方ですが、映画では「90年代に出会ったばかりの少しリッチな白人系アメリカ人と英語が話せるフランス人の男女が交わすたわいもない睦言」が苦手という事が分かって良かったです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

ベルリン国際映画祭第45回

監督賞

基本情報


タイトル
恋人までの距離(ディスタンス)

原題
BEFORE SUNRISE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-